インプラント治療とは

インプラントという言葉は最近よく目にすることが増えてきましたが、どのような治療方法なのでしょうか。歯根が残っている歯に対して行う治療ではなく、完全に抜歯した歯の代わりを補う治療方法です。

治療後最初は口の中で違和感を感じることもありますが、慣れてくると自分の歯のようになじんできます。

池袋のインプラントに関する情報をすばやく探せます。

硬い食べ物でも今までのようにしっかり噛めるようになります。


通常の虫歯治療とは違い、治療のためにはある程度の時間と費用がかかります。保険の適用については原則ありませんが、かかった費用によっては確定申告を行えば支払った治療費の一部が戻ってくる可能性があります。


具体的なインプラントの治療方法としては、人工歯根を歯茎に埋め込むための外科手術が必要になります。

歯茎がある程度健康である必要がありますので、事前に歯科医師に治療できるかどうか診断してもらう必要があります。

共同通信社の詳細はこちらで簡単に調べられます。

また、人工歯根は歯茎の下にある骨に密着させますので、骨が人により固定させるには弱い場合があります。

仙台のインプラントの人気が上昇しています。

その際にも事前にレントゲンで確認してインプラント治療ができるかどうかの診断をし、人工骨で補強をするなど別途追加で治療が必要になることがあります。

人工歯根で土台が固定されてきたら、その上にセラミックなどでできた人工歯を被せるという治療を行います。

治療後の見た目ですが、セラミックなどの材質は色も自分の他の歯の色に比較的容易に合わせられるくらいの種類がありますので、治療をしても自然な歯のように見えます。